自然観察大学ブログ

また昆虫の脚

ハンミョウの脚:秘密の肉球?
野川公園の観察会で話題になったコハンミョウの脚が気になったので、7/17にまた現地へ行った。この日は猛暑がはじまった日で、家族連れなどヒトはぐったりしているようだったが、コハンミョウは相変わらず超元気だった。長い脚で地表をすばやく歩くだけでなく、捕まえようとすると細い脚からは想像できないほど激しく動き、大きくジャンプする。その上よく飛ぶ。
(HPの観察会レポートで“飛ばない”とあったのは、“通常の生活では飛ばない”という意味で、ピンチには飛ぶということだそうです。勘違いのないようにHPも修正しておきます)
d0163696_1257145.jpg

華奢に見えるこの脚のどこに、あの運動能力を秘めているのだろうか。
よく観ると脚のつけ根に茶褐色袋状のものがある。
d0163696_12572916.jpg

確かなことは分からないが、この肉球のようなものに秘密がありそうだ。アシナガバチの仲間にも、このような袋状の物体があるらしい。
(どなたか知っている方はお教えください)

イモムシの脚:キャタピラー
同じ日、野川公園でイボアシの発達したすばやい動きのイモムシを見た。3対の本当の脚(胸脚)と俗に言う“イボアシ”(4対の腹脚と1対の尾脚)がある。イモムシが全部の脚をリズミカルに連動させ、クヌギの葉から葉へ元気よく移動しているのは、私に驚いたせいか?
d0163696_12584443.jpg

イモムシのことを英語でキャタピラーというのは、この動きを観るとうなずける。
感心しながら観ていると、突然移動をやめ、ワシワシと葉を食べること数分間。写真はその間に撮ったものだ。
大きな吸盤状のイボアシ。体に比べてイボアシが大きいのは、若齢幼虫のためか。
食べ終わるとまたすぐに葉から葉へリズムに乗った移動をはじめた。

2010年7月22日、報告:事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2010-07-22 13:02 | 昆虫など | Comments(1)
Commented by りりねこ at 2010-07-24 11:19 x
コハンミョウの脚が気になってあらためて観察に、というのに、感心してしまいます。
たしかに!
観察会で見たコハンミョウたち、ひょひょっ、ひょっ、と、すっとんでばかりで、目にも留めづらいくらいでした。
翅で飛ぶんじゃなく、脚でっていう感じでした、なにか、ジャンプのひみつがあるはずですものね。
しかし、ハグロトンボの脚の話で、虫に意外にも毛が生えていることを写真で見せていただいて驚いてたので、ここでもコハンミョウおなかの毛の、毛並みのよさに驚いたりりねこです。
毛並みがいいのは、哺乳類、と思ってたのに。

イモムシ、本当の脚と、イボ脚っていうのがあったのですか。
脚のようなのが、ただたくさんあるんだと思っていました。
やっぱり虫だから、本当の脚は6本、なんでしょうかしら。
イモムシハンドブックも読んでみたい!



植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル