自然観察大学ブログ

トックリバチの巣の中

ちょっと前だが、6月20日、野川公園の観察会下見のときのことである。
トックリバチの巣を見つけた人がいて、交替で撮影した。私の順番になったとたんに枝についていた巣がポロリと落ちてしまった。
空になった巣だということだったが、念のためにナイフで切ってたら、なんと中からイモムシが出てきた。(巣は乾燥しているので粉々に砕けた)
“これ、まだ入ってますよ” という声で全員が集まり、恒例行事である撮影会になった。トックリバチの巣は小さい(巣の直径は1センチ強)ので、ベンチの上に置いて交替で撮る。
d0163696_19514712.jpg

“卵があるとしたら、巣の側面に張り付いているはずです。”
Y先生の言葉を聞きながら、H先生が用意のピンセットでイモムシを脇に除けると…
“ありました。卵です。”
“ホントですか?”
中の黄白色の細長いのがトックリバチの卵だ。再び順番待ちの撮影の列ができた。
d0163696_19524317.jpg

7月20日、報告:事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2010-07-20 19:58 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧